• 血界戦線 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • ブレングリード流血闘術

ブレングリード流血闘術

ブレングリード流血闘術

血界戦線(漫画)に登場する格闘術。読みは「ぶれんぐりーどりゅうけっとうじゅつ」。

登場作品
血界戦線(漫画)
正式名称
ブレングリード流血闘術
ふりがな
ぶれんぐりーどりゅうけっとうじゅつ
関連商品
Amazon 楽天

概要

クラウスが用いる。ナックルダスターに似た十字架型の器具を左手に嵌め、武器に形を変えた大量の血液を纏いながら拳を振り下ろす。血液の形状は剣や盾といった大型の武器のものが多い。また、血塊の眷属の封印を行うことが出来る数少ない戦闘術のうちのひとつ。

登場作品

血界戦線

世界観舞台は紐育(ニューヨーク)が大崩落と呼ばれる事件によって一夜にして消失し、異界(ビヨンド)世界との融合によって再構成された街、ヘルサレムズ・ロット。霧によって外界から隔絶された街は、異界人と通常... 関連ページ:血界戦線

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo