プラフスキー粒子

プラフスキー粒子

ガンダムビルドファイターズトライ(テレビアニメ)に登場する用語。読みは「ぷらふすきーりゅうし」。

登場作品
ガンダムビルドファイターズトライ(テレビアニメ)
正式名称
プラフスキー粒子
ふりがな
ぷらふすきーりゅうし
関連商品
Amazon 楽天

概要

未知の粒子。その特徴は、ガンプラの素材であるプラスチックに反応して、外部から任意に操作が可能というもの。ガンプラを動かすだけでなく、ビームやミサイル、その爆発までもが再現可能。

PPSE社が所蔵していたプラフスキー粒子の巨大な結晶アリスタが暴走により壊れてからはプラフスキー粒子の利用ができなくなっていたが、ニルス・ニールセンが製法を解明したことで再びプラフスキー粒子が使えるようになった。

登場作品

ガンダムビルドファイターズトライ

イオリ・セイレイジが優勝を果したガンプラバトル選手権から7年後。ガンプラバトルの人気は衰えず、高い人気を誇っていた。イオリ・セイの母校である聖鳳学園にはガンプラバトル部が設立されていたが、部長のホシノ... 関連ページ:ガンダムビルドファイターズトライ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo