ヘブラスカ

D.Gray-man(漫画)の登場人物。別称、Hevlaska。

  • ヘブラスカ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
D.Gray-man(漫画)
正式名称
ヘブラスカ
別称
Hevlaska
別称
ヘブ君

総合スレッド

ヘブラスカ(D.Gray-man)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

『D.Gray-man』に登場する、黒の教団のエクソシストのひとりだが、巨大な異形の存在。本部の塔内に常にいて、エクソシストと適合することで対アクマ武器の元となる「イノセンス」を護っている。エクソシストとなった者は必ずヘブラスカの審査を受けることになっており、イノセンスとのシンクロ率等が調べられる。

登場人物・キャラクター

国籍がなく住所不定で、若干15歳の英国人少年。アクマ退治専門の聖職者(クラーヂマン)「エクソシスト」のひとり。生まれながらに対アクマ武器となる「十字架(クロス)」と呼ばれるイノセンスが左腕に寄生してお...

関連キーワード

『D.Gray-man』に登場する、アクマと戦うエクソシストの所属する組織。またその総本部である断崖に建てられた黒い円柱状の塔のことも指す。約100年前に発見された、「神の結晶」あるいは「イノセンス」...

登場作品

不気味に赤く変色した左腕を持つ少年アレン・ウォーカーは、千年伯爵の作り出すアクマと戦うエクソシストとして黒の教団に入団する。アクマとの熾烈な戦いが繰り返される中、教団の仲間たちや戦いの中で出会う人々と...