ヘルマン・カルツ

ヘルマン・カルツ

キャプテン翼 -ROAD TO 2002-(漫画)の登場人物。カール・ハインツ・シュナイダーとはライバル関係。

登場作品
キャプテン翼 -ROAD TO 2002-(漫画)
正式名称
ヘルマン・カルツ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ドイツ、ハンブルグ所属のMF。「仕事師」と呼ばれるテクニシャンで、ボランチとして活躍する。ブンデスリーガ首位対決でシュナイダーと闘うことを楽しみにしていたが、監督のオーダー通り守りに徹した消極的試合を展開。それをシュナイダーに「つまらないサッカーだ」となじられて、激怒し蹴りを入れてしまう。

この暴力行為で、レッドカード退場となった。

関連人物・キャラクター

カール・ハインツ・シュナイダー

ドイツ・ブンデスリーガ、バイエルン・ミュンヘン所属のFW。ドイツを代表するプレイヤーの1人で、「ドイツの若き皇帝」と呼ばれる。若林源三のライバルで、彼に各国代表が移籍するB・ミュンヘンに来るよう再三誘... 関連ページ:カール・ハインツ・シュナイダー

登場作品

キャプテン翼 -ROAD TO 2002-

ワールドユース世界大会を終え、20歳となる大空翼が新たな挑戦の場に選んだのは、スペインのFCバルセロナ。しかし、チームメイトであるブラジル代表の10番リバウールのポジション争いに勝てず、Bチームに降格... 関連ページ:キャプテン翼 -ROAD TO 2002-

SHARE
EC
Amazon
logo