ヘルムート・リンデルツ

デーモン聖典(漫画)の登場人物。別称、リンデルツ博士。

  • ヘルムート・リンデルツ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
デーモン聖典(漫画)
正式名称
ヘルムート・リンデルツ
ふりがな
へるむーとりんでるつ
別称
リンデルツ博士

総合スレッド

ヘルムート・リンデルツ(デーモン聖典)の総合スレッド
2016.08.04 14:46

概要

霊体学の権威で天才学者。SMICの創設者でカリスマ性を持つ。ゾフィの腹違いの兄。ヘルムートが11歳の時、家にやってきた4歳のをひどくいじめていた。11歳の子供とはおもえないほど大人びた少年で、金色の髪と、青い瞳を持ち、宗教画の天使のように綺麗だった。いわゆる天才で、11歳なのに既に高等部までのカリキュラムを終えており、ハーバード大の特待生として週3回通っていたが、人によって態度が全く違い、使用人達からも好かれてはいなかった。

また、その頃、動物の死体が転がっていない日はなく、最終的に領地内の湖にヘルムートの友達だった少年の水死体があがる。ヘルムートの奇行が年々ひどくなっていったところへ、使用人の前で父親に叱責されたことで、ヘルムートは父親に復讐するため、の目の前で自殺する。

しかし、なぜかヘルムートは死んだことにはなってはいず、スイスに旅立っていた。が記憶を無くして以降、の知るヘルムートは慈愛に満ちており、頭脳、容姿、人格、家柄、総てを兼ね備えた神童と呼ばれる少年になっており、スイスから帰ったヘルムートはまさしく皆が望んでいたままの人間になっていた。

登場作品

ある日、突然若返って、急激に死に至る病逆行症候群が世界に広まりつつある近未来。逆行症候群を発症しているりなは、進行スピードは遅いものの、14歳なのに9歳の体に退行していた。双児の妹もなと遠い親戚の忍の...