ヘンゼル

ルードヴィッヒ革命(漫画)の登場人物。グレーテルとは親族関係にある。

  • ヘンゼル
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ルードヴィッヒ革命(漫画)
正式名称
ヘンゼル

総合スレッド

ヘンゼル(ルードヴィッヒ革命)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

殺し屋の大男。ユーリウスに雇われてルードヴィッヒを殺そうとしていた。少し抜けており、上手く喋ることができず色々と不器用。幼い頃、母親に左目を潰された上、妹のグレーテルと共に森に捨てられた。その際、悪い魔女の家に逃げ込んでしまいグレーテルを生きながらえさせるために虐待されながらも耐えていた。

幼い頃ルードヴィッヒに出会っており天使様と崇めていた。「ヘンゼルとグレーテル」をモチーフにしたキャラクター。

登場人物・キャラクター

殺し屋の少女。ヘンゼルの妹。ユーリウスに雇われてルードヴィッヒを殺そうとしていた。幼い頃ヘンゼルと共に森に捨てられたが、その際助けてくれた魔女にヘンゼルが虐待されていたことに気づき、その魔女を殺した。...
ある国の王子。オレンジ色の長髪と長身、左目の下のほくろが特徴。容姿端麗で頭脳明晰だが、無類の女好きで巨乳の美少女が特に好み。サディストでわがまま、傍若無人な性格。国中の者が手を焼いている存在。従者のヴ...

登場作品

ある国の王子であるルードヴィッヒは性格に大変癖があるが容姿端麗なことで名高かった。そんなルードヴィッヒが父王からの進言をきっかけに自分にふさわしい妃となる姫を探して従者のヴィルヘルムと長い旅に出ること...