ベヘモット

灼眼のシャナ(テレビアニメ)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
灼眼のシャナ(テレビアニメ)
正式名称
ベヘモット
ふりがな
べへもっと

総合スレッド

ベヘモット(灼眼のシャナ)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

概要

カムシン・ネブハーウフレイムヘイズとしての力を与えている紅世の王で、真名は「不抜の尖嶺」。炎の色は「褐色」。カムシンの左腕に巻かれたガラスの飾り紐型の神器「サービア」を通じて意思のみを顕現させている。

老人特有の嗄れ声で喋り、常に使命の遂行を第一に考えている。

登場人物・キャラクター

『灼眼のシャナ』に登場する王。「紅世の徒」の中で大規模な存在の力を統御できる者を指す。「王」と縮めて呼ぶこともある。存在の大きさ故に、この世で顕現し続けるための「存在の力」も多く必要とする。
『灼眼のシャナ』において紅世の王と契約を交わし、異能を得た元人間の総称。世界の歪みが累積することにより、この世と紅世の双方に大災厄が起きると一部の紅世の王たちが予測し、同胞である徒を止めるべく模索した...
「儀装の駆り手」の称号を持つフレイムヘイズで、この世の歪みを矯正してバランス崩壊による災厄を未然に防ぐ、世界でも数少ない「調律師」。ベヘモットと契約しており炎の色は「褐色」。容姿は10歳に満たないほど...
「儀装の駆り手」の称号を持つフレイムヘイズで、この世の歪みを矯正してバランス崩壊による災厄を未然に防ぐ、世界でも数少ない「調律師」。ベヘモットと契約しており炎の色は「褐色」。容姿は10歳に満たないほど...

関連キーワード

サービア

登場作品

異世界の住人「紅世の徒」に襲われ呆然と立ちすくむ坂井悠二の前に、紅蓮の髪と瞳を持つ「贄殿遮那のフレイムヘイズ」と名乗る少女が現れる。後に悠二がシャナと名付けるその少女は、悠二は既に自覚がないまま他界し...