ベルクワト

乙嫁語り(漫画)の登場人物。アミル・ハルガルとは親族関係にある。

  • ベルクワト
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
乙嫁語り(漫画)
正式名称
ベルクワト

総合スレッド

ベルクワト(乙嫁語り)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

アミル・ハルガルの父であり、ハルガル族の族長。アミルの姉妹を有力地主であるヌマジに嫁がせ、結婚には遅い年齢となったアミルを山向こうのエイホン家へと嫁がせる。しかし、ヌマジに嫁がせた娘が亡くなり、ヌマジとの縁が切れそうになったため、アミルの結婚を一方的に破棄し連れ戻そうとする。

後にバダン族と手を組み、エイホン家が住む街を襲撃するが、バダン族の裏切りに合い計画は失敗、自身もバルキルシュの矢によって絶命する。

登場人物・キャラクター

目元のはっきりした20歳の女性。遊牧民のハルガル族からエイホン家へと嫁ぎ、8歳年下の少年、カルルク・エイホンの妻となる。20歳という年齢での結婚は、この土地、この時代の人々からすれば相当な晩婚で、アミ...

関連キーワード

『乙嫁語り』に登場する一族。アミル・ハルガルの実家。夏だけ移動をし、冬は決まった冬営地で暮らすといった移牧タイプの遊牧民。ヌマジに嫁がせた娘が亡くなり、最後の頼みの綱であるアミルの奪還も叶わなかったた...

登場作品

時は19世紀後半。中央アジアのカスピ海周辺のとある町で、一組の歳の差夫婦が誕生した。若干12歳の夫カルルク・エイホンと、20歳の妻、アミル・ハルガル。この土地、この時代の人々からすれば、20歳での結婚...