ベータ

光速エスパー(漫画)の登場人物。エスパーとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
光速エスパー(漫画)
正式名称
ベータ

総合スレッド

ベータ(光速エスパー)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

『光速エスパー』に登場する生物。別名・惑星生物。バシウト星の古代伝説にも登場する宇宙を浮遊する球状生命体。体内中心部の脳からデスロイド波と呼ばれる一種の超音波を放射し、発信源から10キロ以内の人間を発狂させ、付近にいる人間を死に至らしめる。バシウト星の追跡者が地球人を攻撃するために連れて来たが、ベータを制御できず、逆に自分達が壊滅してしまう。

野放しとなったベータは、どんな破壊エネルギーも受け付けず、反対に吸収してしまう。ただし、ミクロ化した者はデスロイド波の影響を受けない。その特性を利用して、ミクロ化したエスパー達はベータの内部に侵入し、脳を破壊しようと試みる。

だが、その体内には、高度な知能を持った抗体や血球が独立進化、科学文明を築いていたのだった。これこそ、ベータが惑星生物と呼ばれる由縁であった。

登場人物・キャラクター

故郷であるバシウト星から、独裁者の魔手を逃れて両親と共に地球へやって来た少年。エスパーの父・カイと母・ミルは、バシウト星を独裁者から奪還するために戦う反抗軍の戦士で、重傷を負ったエスパーを協力者・古代...

関連キーワード

『光速エスパー』の惑星。エスパー達の故郷。球状星団B666の中心近くにある二重太陽を周回する第7惑星。地球に非常によく似た自然と環境だが、住民は高度な知力と体力を持ち、発達した科学文明を持っている。現...

登場作品

独裁者に支配された惑星バシウト。変わり果てた故郷から両親と共に逃亡してきた少年エスパーは、地球人を遙かに超える体力と超能力を備えていた。しかし、彼を追って母星から次々と刺客である追跡者が地球に飛来する...