ペトルーシュカ

ペトルーシュカ

GUNSLINGER GIRL(漫画)の登場人物。別称、ペトラ。

登場作品
GUNSLINGER GIRL(漫画)
正式名称
ペトルーシュカ
ふりがな
ぺとるーしゅか
別称
ペトラ
関連商品
Amazon 楽天

概要

担当官はサンドロ義体の2期生。赤毛で手足の長い少女。身長は1期生よりも高い。明るい性格で、毎朝ストレッチ体操をしている。2期生は条件付けによる縛りを抑えているため、彼女も洗脳は控えめで、素体時の身体の記憶に影響され、比較的自らの意志で動ける。サンドロとのコンビで、1期生とはまた違う戦い方や諜報術を覚え、活躍していく。

サンドロには強制ではない形で恋愛感情を抱いている。素体はロシア・ボリショイ・バレエ学校の6年生・エリザヴェータ・バラノフスカヤ。バレリーナを夢見ていた16歳の少女で、努力家で学校でも高く評価されていた。しかし、チェルノブイリ事故の影響で脚に骨肉腫があり、イタリアの病院で治療を受けるも、脚を切断せざるを得なくなり、絶望して投身自殺を図る。

一命を取り留めた彼女を「社会福祉公社」が義体として改造した。エリザヴェータは病院にいたころサンドロに会っているが、サンドロペトラがエリザヴェータであることは知らない。白血病であることが発覚した後、素体であるエリザヴェータ時代の記憶を取り戻すことを希望。

サンドロとともに記憶を取り戻し、義体として生き、サンドロに出会えたことを喜ぶ。

登場作品

GUNSLINGER GIRL

舞台はテロの横行するイタリア。政府機関「社会福祉公社」は、死に瀕した少女を改造・洗脳し、優秀な殺し屋としてテロリストと戦わせていた。「義体」と呼ばれるサイボーグに生まれ変わった少女たちの苦悩と戦いを描... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

アニメ

GUNSLINGER GIRL

国内に様々な対立構造や問題を抱えるイタリア政府は、「社会福祉公社」なる障害者支援法人を立ち上げる。その実態は身体障害の少女たちの体を改造、「条件付け」とよばれる洗脳を施し、暗殺者として行動させる超法規... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

SHARE
EC
Amazon
logo