ホフマン

(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
(漫画)
正式名称
ホフマン
ふりがな
ほふまん

総合スレッド

ホフマン(隼)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

皇帝ギルバートの参謀として招かれた知恵者で、戦局を悪化させると予想した革命軍にとって始末しなくてはならない男。階級は大佐。革命軍と日本軍の共同戦線による奇襲攻撃であっけなく死んだと思われていたが、日本軍の撤退した後も革命軍の動向を察知し執拗に攻撃を仕掛けてきた。身分を偽り秘密警察を出し抜いて革命軍ハヤブサ隊内部の詳しい情報を入手し、密かに一人ずつ暗殺して全滅させるように大尉に命じた。

さらに秘密警察だけでは革命軍ハヤブサ隊を消す事はできないと計算した上で、町の中で撃ち合いをさせる事で一般市民に革命軍に対する反感を抱かせ、平地へと追い出して軍の戦車や装甲車を使って始末しようと計画していた。

登場作品

1940年代初頭、日本陸軍は東南アジアのマレー、インド、フィリピンといった英国支配の各国へ民族の解放のために特務機関員を潜入させていた。現皇帝ギルバートの圧政に苦しめられる国にも一人の男が送り込まれて...