ホレムヘブ

ホレムヘブ

天は赤い河のほとり(漫画)の登場人物。

登場作品
天は赤い河のほとり(漫画)
正式名称
ホレムヘブ
ふりがな
ほれむへぶ
関連商品
Amazon 楽天

概要

王家の娘を妻とするエジプトの将軍。老王アイの他界にともない、エジプト王の座に就いた。オロンテス河畔でヒッタイト帝国と戦った際、戦局を有利に運んだウセル・ラムセス将軍から指揮権を取り上げて手柄を横取りしようとする。だがカイル・ムルシリの罠にはまって捕えられ、講和を余儀なくされた。

同時代の実在の人物・ホルエムヘブがモデルになっている。

登場作品

天は赤い河のほとり

女子中学生・鈴木夕梨はある日、水たまりから現れた謎の手に捕まって姿を消す。夕梨がやってきたのは紀元前14世紀のヒッタイト帝国。ナキア皇妃が呪いの生け贄とするため、夕梨を魔力で引き寄せたのだった。夕梨は... 関連ページ:天は赤い河のほとり

SHARE
EC
Amazon
logo