マガツモノ

マガツモノ

マガツクニ風土記(漫画)に登場する用語。

登場作品
マガツクニ風土記(漫画)
正式名称
マガツモノ
ふりがな
まがつもの
関連商品
Amazon 楽天

概要

千引きの門を超えた先にあるマガツクニに住む人類の天敵とされる存在。かつて黄泉比良坂より現れ、人類を追い詰めたが、英雄に率いられた人類の反撃にあい黄泉比良坂の向こうに追い返されたと言われている。しかし実際は現在も大小さまざまなマガツモノが生息しており、人類と戦いを繰り広げている。

その大きさや外見、知能によっていくつかの種類にランク分けされており、なかでも“テツマガツ”と呼ばれるものが目覚めれば対抗手段はないとされている。

登場作品

マガツクニ風土記

山村で退屈を感じつつ、穏やかに暮らしていたカズチは、神託によって神都を守る神防人に選ばれる。神防人を輩出した村は税が減免されることもありカズチは神防人として神都に赴く。しかし、神都ではカズチの想像とは... 関連ページ:マガツクニ風土記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
マガツクニ風土記
logo