マックス・ゲーリング

マックス・ゲーリング

柔道讃歌(漫画)の登場人物。巴 突進太とはライバル関係。

登場作品
柔道讃歌(漫画)
正式名称
マックス・ゲーリング
ふりがな
まっくすげーりんぐ
関連商品
Amazon 楽天

概要

巴突進太のライバルの一人。日本柔道界を征服したアントン・ヘーシンクの秘蔵っ子。強豪ベン・ワーロックを16秒で気絶させた超巨体の怪物。西ドイツ・ベルリン出身。13歳でオール西ドイツ少年柔道大会に優勝。ヘーシンクに弟子入りし、柔も剛も備えた柔道を体得する。講道館柔道で修業中、巴突進太と出会い、全日本柔道選手権で死闘を演じる。

必殺技・ヘーシンク式原爆落としの使い手。

関連人物・キャラクター

巴 突進太

小柄な体格ながら、ケンカに強く、柔道に天賦の才がある。母子家庭に育ち、大のマザコン。母・輝子が作る「アジのタタキのシソの葉まぶし」と「オハギ」が大好物。初登場時は高校一年生。女三四郎の異名を取った天才... 関連ページ:巴 突進太

アントン・ヘーシンク

1964年の東京オリンピック柔道無差別級で初めて日本人を下して金メダルを獲得。柔道日本にとどめを刺したオランダの柔道家。柔も剛も制した天才柔道家で、のちにマックス・ゲーリングに天賦の才を見出し、柔道を... 関連ページ:アントン・ヘーシンク

関連キーワード

ヘーシンク式原爆落とし

『柔道讃歌』に登場する必殺技。アントン・ヘーシンク直伝の技で、マックス・ゲーリングが使用する。相手を空中高く放り投げ、落下時、体当たりでもう一度空中に放り投げ、背骨をへし折る殺人技。

登場作品

柔道讃歌

かつて女三四郎の異名を取った天才女性柔道家の息子・巴突進太が、高校の柔道部に入部し、鬼コーチやライバルと鎬を削り成長していく姿を描いた熱血柔道漫画。『巨人の星』『あしたのジョー』の梶原一騎得意のスポ根... 関連ページ:柔道讃歌

SHARE
EC
Amazon
logo