マッティワザ

天は赤い河のほとり(漫画)の登場人物。別称、血の黒太子。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天は赤い河のほとり(漫画)
正式名称
マッティワザ
ふりがな
まってぃわざ
別称
血の黒太子

総合スレッド

マッティワザ(天は赤い河のほとり)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

ミタンニ王国の王太子で、冷酷無比な性格をしており、血の黒太子の異名がある。ユーリを無理やり自分のものにしようとするが、叛乱が起こってバビロニアへ逃亡した。後にカイル・ムルシリの恩赦により帰国を許され、ミタンニの国王に即位。ヒッタイト帝国の戦列に加わり、エジプト戦で活躍した。

ミタンニの王女タトゥーキア、後のネフェルティティ王太后の弟。同時代の実在の人物・シャッティワザがモデルになっている。

登場作品

女子中学生・鈴木夕梨はある日、水たまりから現れた謎の手に捕まって姿を消す。夕梨がやってきたのは紀元前14世紀のヒッタイト帝国。ナキア皇妃が呪いの生け贄とするため、夕梨を魔力で引き寄せたのだった。夕梨は...