マッハ号

わずかいっちょまえ(漫画)の登場人物。読みは「まっはごう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
わずかいっちょまえ(漫画)
正式名称
マッハ号
ふりがな
まっはごう

総合スレッド

マッハ号(わずかいっちょまえ)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

『わずかいっちょまえ』に登場する、遊川和好の愛犬。交通事故で死んでいるが、「ご主人」ではなく「友達」だと思っているわずかを心配し、天上世界から見守っていた。メガミさまの計らいにより、最大1年程度の期限つきで下界に下りることが許され、人間の言葉をしゃべることができるようになったが、基本的には実態がなく、あまりわずかの力になれないことを気に病んでいる。

マッハ仮面が「マッハ号」と名乗っていることはわずかのために認めているが、当のウォンバットに対しては「マッハ号II号」と呼んでいる。生前は「茶巾ずし」が好物だったが、実体のない状態では食べられなくなった。

登場作品

小学六年生の遊川和好は優等生だが、同級生の男子・伴太一にいじめられていた。そんなご主人様の和好を天界から見守っている、少し前に交通事故で命を落とした愛犬のマッハ号は、心配のあまりメガミさまにお願いして...