• 範馬刃牙 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • マッハ突き

マッハ突き

マッハ突き

範馬刃牙(漫画)に登場する空手技。読みは「まっはづき」。

登場作品
範馬刃牙(漫画)
正式名称
マッハ突き
ふりがな
まっはづき
関連商品
Amazon 楽天

概要

愚地克己が使う、音速を超える正拳突き。プライドの高い烈海王をして賞賛させるほどで、全身にある関節・骨の回転を連携させることでマッハのスピードを得る。烈海王と郭海皇の助力によって、更に高速化した真マッハ突きへと進化したが、あまりの速度のため、使うと自らの身体が破壊されてしまう。

ピクルとの戦いの中で愚地克己が体得した感覚により、正拳突きだけでなく、あらゆる打撃が音速を超えた。

登場作品

範馬刃牙

範馬刃牙は、地下闘技場の王者として様々な敵と戦い、強さを磨き続けてきた。ついに目標とする父・範馬勇次郎に挑戦状を叩きつける。 刃牙は、人間大にイメージしたカマキリや囚人のビスケット・オリバ、原始人のピ... 関連ページ:範馬刃牙

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo