マハッド・フセイン

マハッド・フセイン

ベルリン飛行指令(漫画)の登場人物。

登場作品
ベルリン飛行指令(漫画)
正式名称
マハッド・フセイン
ふりがな
まはっどふせいん
関連商品
Amazon 楽天

概要

イラク陸軍大佐。バグダッド北東の駐屯地で、給油に立ち寄った安藤啓一大尉と乾恭平一等空曹を迎える。初めて見た日本の戦闘機・零戦の高い性能と装備に強い関心を持つ。徳川幕府や松尾芭蕉の句を知るほどの日本通。ドイツは密かにイラク独立運動の支援を約束しているため、後は慎重なイラク将校たちを決意させるための火種があればいいと、安藤啓一達に英国軍基地を零戦で攻撃して欲しいと懇願するが、断られると整備を遅らせ出発の妨害を図る。

登場作品

ベルリン飛行指令

第二次世界大戦の火蓋が切って落とされた1940年のヨーロッパでは、ナチス・ドイツによるロンドンへの猛爆が繰り返されていた。しかし、ドイツは自国のメッサーシュミットよりも性能の優れた英国空軍の戦闘機スピ... 関連ページ:ベルリン飛行指令

SHARE
EC
Amazon
logo