• 麦の惑星 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • マミタの星

マミタの星

マミタの星

麦の惑星(漫画)、マミタが元々住んでいた星。読みは「まみたのほし」。

登場作品
麦の惑星(漫画)
正式名称
マミタの星
ふりがな
まみたのほし
関連商品
Amazon 楽天

概要

地球からは遠く、目視できる位置にはない。生物たちはシステムに選別された遺伝子の組み合わせから作られて生まれる。カプセルから出た日が出生日となり、同じ日にロールアウトした複数個体でコミュニティを形成する。住居は1個体ごとに与えられ、身の回りの世話はシステム端末が行う。このような環境で育ったため、マミタは「さみしい」という感情を理解できずにいる。

登場作品

麦の惑星

山の上でパン屋を営む帆足紺太は、ある日空腹の宇宙人、マミタを保護する。マミタは宇宙船の事故により地球に不時着し、たった一人で救援を待っているのだという。マミタを不憫に思った紺太は、助けが来るまでマミタ... 関連ページ:麦の惑星

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo