マライア

ジョジョの奇妙な冒険 Part 3 スターダストクルセイダース(漫画)の登場人物。ジョセフ・ジョースターとはライバル関係。

  • マライア
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジョジョの奇妙な冒険 Part 3 スターダストクルセイダース(漫画)
正式名称
マライア

総合スレッド

マライア(ジョジョの奇妙な冒険 Part 3 スターダストクルセイダース)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

エジプト9栄神のひとりで、ルクソールでジョースター一行を襲撃したスタンド使い。脚線美が特徴的な美女。スタンドはコンセントのような形状の「バステスト女神」。これに触れた者に磁力を帯びさせる能力を持つ。磁力は次第に強さを増し、周囲の鉄が吸着することで行動が困難となるが、さらに標的を誘導し、鉄道や電線などによって決定的なダメージを与えようとする。

ジョセフ・ジョースターモハメド・アヴドゥルが術中にはまり絶体絶命のピンチとなるが、誘い込んだつもりの地点で逆にふたりを結ぶ直線上の中間地点に立ってしまい、互いに引き合う磁力によって押しつぶされてリタイアする。

ジョセフ・ジョースターのことは知的でユーモアがあり、顔もチャーミングと評価しているが、それでもDIOの魅力にはかなわないと語っている。

登場人物・キャラクター

DIO
第1部よりジョースター家とは因縁の深い仇敵。空条承太郎たちの目的も、DIOを倒すことにある。かつてジョナサン・ジョースターと戦い、共に大西洋に沈んだと思われていたが、実際は彼の首から下を奪い、棺桶をシ...
空条承太郎の祖父。69歳。第2部での活躍ののち、ニューヨークで「ジョースター不動産」を経営する不動産王となっていたが、「スタンド」によって空条承太郎の身に起きた異変を説明するために来日。ただし娘の空条...

関連キーワード

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 3 スターダストクルセイダース』に登場する超能力者たちの集団、またはその超能力。タロットカードで能力が暗示されるスタンド使いに続いて登場したより強力な存在で、作中では...

登場作品

1987年、日本。ジョセフ・ジョースターの孫である空条承太郎は、ある日突然、悪霊が自身に取り憑いたかのような体験をする。その原因は、かつてジョナサン・ジョースターを殺害した吸血鬼・DIOが、ジョナサン...