マリア・セミョーノヴナ・チョグローコヴァ夫人

女帝エカテリーナ(漫画)の登場人物。読みは「マリア・セミョーノヴナ・チョグローコヴァフジン」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女帝エカテリーナ(漫画)
正式名称
マリア・セミョーノヴナ・チョグローコヴァ夫人
フリガナ
マリア・セミョーノヴナ・チョグローコヴァフジン

総合スレッド

マリア・セミョーノヴナ・チョグローコヴァ夫人(女帝エカテリーナ)の総合スレッド
2016.08.23 17:40

概要

ロシア帝国皇太子妃となったエカテリーナ=アレクセーエヴナを監視するため、女帝エリザヴェータと宰相ベストゥージェフが付けた素行監視係。エカテリーナが特定の侍女と親しくすることや自由に外出することを厳しく制限する。

登場作品

北ドイツの地方貴族の娘ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプストは、己が支配する側の道を進むべき人間だという自負があった。凡庸な容姿を補うために、10歳から教養と知性を身につけるべく努力を重ねたゾフィ...