マリア・テレジア

ベルサイユのばら(漫画)の登場人物。マリー・アントワネットとは親族関係にある。

  • マリア・テレジア
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ベルサイユのばら(漫画)
正式名称
マリア・テレジア

総合スレッド

マリア・テレジア(ベルサイユのばら)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

『ベルサイユのばら』の登場人物でアントワネットの母。オーストリアの女帝。女性でありながら数々の戦争を闘い抜き、様々な改革を行う。フランスとの戦争終結のため、末娘のアントワネットを王太子妃として送り出す。息を引き取る最期の瞬間まで、最愛の娘アントワネットの未来を心配していた。歴史上の実在人物マリア・テレジア・ヴァルブルガ・アマリア・クリスティーナ・フォン・エスターライヒがモデルとなっている。

登場人物・キャラクター

フランス国王ルイ16世の王妃。オーストリアの女帝マリア・テレジアの第9子として生まれ、14歳でフランスへ嫁ぎ、2男1女をもうけた。美しく人を引きつける魅力を持つ。オスカルを信頼し、良き親友のような信頼...

登場作品

作品誕生のいきさつ『ベルサイユのばら』を描くきっかけとなったのは、作者・池田理代子が、高校時代にオーストリア人作家シュテファン・ツヴァイクの書いた評伝『マリー・アントワネット』を読んだことにある。この...