マリア・モンゴメリー

マリア・モンゴメリー

ガラスの城(漫画)の登場人物。マリサ・バーゲンとは親族関係にある。

登場作品
ガラスの城(漫画)
正式名称
マリア・モンゴメリー
関連商品
Amazon 楽天

概要

マリサと、アフリカのビアフラで難民支援を行う医師クリフト・モンゴメリーの間に生まれた娘。クリフトは、マリサが身ごもった直後に、アフリカの風土病にかかって死亡する。マリサはイギリスに戻ってマリアを産もうとするが、イサドラとツタンカーメンの激しい妨害に会い、母子ともに危険にさらされる。

しかし、二人はクロッキーの守護なども得て、作品における光明となるのだった。

関連人物・キャラクター

マリサ・バーゲン

『ガラスの城』の主人公のうちの一人。ロンドンのイートン高校に通う女子学生として登場。初登場時16歳。母のミルズ・バーゲンのもとで、イサドラと双子としてつつましく育てられた(マリサは妹。父はいない)。心... 関連ページ:マリサ・バーゲン

登場作品

ガラスの城

ロンドンに住む双子の姉妹イサドラとマリサ、母の事故死のあとイサドラは遺品の中からマリサが行方不明の伯爵家の娘であったことを示す証拠を発見する。妹と伯爵をあざむき、自分が令嬢になりすますことに成功したイ... 関連ページ:ガラスの城

SHARE
EC
Amazon
logo