マリサ・バーゲン

マリサ・バーゲン

ガラスの城(漫画)の主人公。別称、マリサ・モンゴメリー。イサドラ・バーゲンとは親族関係にある。

登場作品
ガラスの城(漫画)
正式名称
マリサ・バーゲン
別称
マリサ・モンゴメリー
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ガラスの城』の主人公のうちの一人。ロンドンのイートン高校に通う女子学生として登場。初登場時16歳。母のミルズ・バーゲンのもとで、イサドラと双子としてつつましく育てられた(マリサは妹。父はいない)。心が優しく、だれにでも深いいたわりの心を示す。実はストラス・フォード伯爵家の娘だが、イサドラの策略で召使いの娘ということになってしまう。

イサドラにいじめ抜かれた上、自分は伯爵令嬢ではないと信じ切る催眠術をかけられる。伯爵家から身を引くために看護婦としてアフリカで働き、そこで出会った医師クリフト・モンゴメリーと結婚する(この段階で催眠術は切れる)。その後、ふたたび様々な展開に巻き込まれた。

関連人物・キャラクター

イサドラ・バーゲン

『ガラスの城』の主人公のうちの一人。ロンドンのイートン高校に通う女子学生として登場。初登場時16歳。母のミルズ・バーゲンのもとで、マリサと双子としてつつましく育てられた(イサドラが姉。父はいない)。と... 関連ページ:イサドラ・バーゲン

登場作品

ガラスの城

ロンドンに住む双子の姉妹イサドラとマリサ、母の事故死のあとイサドラは遺品の中からマリサが行方不明の伯爵家の娘であったことを示す証拠を発見する。妹と伯爵をあざむき、自分が令嬢になりすますことに成功したイ... 関連ページ:ガラスの城

SHARE
EC
Amazon
logo