マリー・オベール

静粛に、天才只今勉強中!(漫画)の登場人物。別称、マリー。コティとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
静粛に、天才只今勉強中!(漫画)
正式名称
マリー・オベール
ふりがな
まりーおべーる
別称
マリー

総合スレッド

マリー・オベール(静粛に、天才只今勉強中!)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

ジョゼフ・コティの妻。そばかすのある平凡な容姿の娘。ナントの豪商の娘であり、多大な持参金とともに嫁いできた。政界へ出るため資金を必要としていたコティが資産目当てにプロポーズしたと多くの者が思った結婚であった。結婚後は夫の活動を静かに支える良妻となり、コティとの間に一女ヴィレンヌをもうける。

しかしコティロベスピエールから弾劾を受けて身を隠している時、ヴィレンヌは病で亡くなってしまう。その後マリーは病気がちになり数年後に死亡する。

登場人物・キャラクター

「リヨンの虐殺者」、「サンクールの風見鶏」の異名を持つ政治家。18世紀後半フランスに生まれる。修道院で少年たちに物理を教えるユニークな教師だったが、フランス革命が起こると教師を辞任し、故郷のナントで議...

登場作品

18世紀後半のフランス。修道院で物理学の教師だったジョゼフ・コティは、フランス革命に乗じて議員となりパリの政界に身を投じた。常に多数派につくことを信条とする日和見主義者のコティは、マクシミリアン・ド・...