マルグリット・ド・ヴァロワ

王妃マルゴ(漫画)の主人公。別称、マルゴ。

  • マルグリット・ド・ヴァロワ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
王妃マルゴ(漫画)
正式名称
マルグリット・ド・ヴァロワ
フリガナ
マルグリットドヴァロワ
別称
マルゴ

総合スレッド

マルグリット・ド・ヴァロワ(王妃マルゴ)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

『王妃マルゴ』に登場するキャラクター。ヴァロア王家、フランス国王アンリ二世とカトリーヌ・ド・メディチの末娘。大人になると、フランスの宝、フランスの真珠と讃えられるようになる。一番ステキな夢は、美しい王子様と結婚すること。凶事の直前に、カラスの羽ばたきの幻聴を聞く。美しく、男性を引きつける。ギーズ公アンリに強く惹かれており、逢い引きをすることもあった。

アンリ(アンジュー公)に処女を奪われ、深く傷ついた。その後、ギーズ公アンリと結ばれ、身ごもるが、彼は別の女性カトラと結婚。産まれた子供アンヌは一度農夫に預けられた後、侍女のダイアナが引き取る予定だったが、農家が燃えてしまい、子供は行方不明になった。

マルグリット・ド・ヴァロワがモデル。

登場作品

16世紀フランスを舞台に、王子様との結婚を夢見る美しい王女マルグリット。プロテスタントとカトリックの宗教対立が激化する中で、彼女はノストラダムスより、三人のアンリについての予言を受ける。自分の恋人、伴...