マルタ

シリウスの伝説(アニメ映画)の主人公。テミスとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
シリウスの伝説(アニメ映画)
正式名称
マルタ
ふりがな
まるた

総合スレッド

マルタ(シリウスの伝説)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

火の一族の女王テミスの娘で、その後継者。母や自分が暮らす火の宮殿水の一族を近づけないようにするため、その近くにあるリリカの岬かがり火を絶やさずに灯す役目を負っている。

偶然、リリカの岬に現れたシリウスに出会い、恋に落ちた。しかし、それは一族の掟を破る行為であり、うっかりかがり火を消したことでその関係を母テミスに知られてしまい、シリウスと引き離される。

登場人物・キャラクター

陸を支配する火の一族の女王。火の宮殿に住む、赤い髪を持つ巨大な女神。 水の一族の王グラウコスの姉であり、仲の良い姉弟だったが、その仲に嫉妬した風の神アルゴンの讒言で仲違いし、憎み合うようになった。 娘...
水の一族の王グラウコスから、次の王に指名された、水の精霊の少年。好奇心旺盛で、いつも一本角の水の精霊チークと共に海の中で遊んでいる。その好奇心から、水の一族 が近づいてはならないリリカの岬へ行くが、火...

関連キーワード

『シリウスの伝説』に登場する城。火の女神である女王テミスやマルタが暮らしている地上の宮殿。近くにあるリリカの岬には、反目する水の一族を近づけないために、マルタがかがり火を灯している。
『シリウスの伝説』に登場する岬。火の女神である女王テミスが暮らす火の宮殿の近くにある岬であり、水の一族を近づけないためのかがり火をマルタが灯している。
『シリウスの伝説』に登場する火。火の女神である女王テミスが暮らす火の宮殿の近くにあるリリカの岬に灯されている。火の一族と反目している水の一族を近づけないために、マルタが日々灯している。
『シリウスの伝説』に登場する種族。火の女神である女王テミスが統べる妖精の一族。黄色い肌をした、羽根と触角を持つ少女の姿をしている。水の神である王グラウコスが統べる水の一族とは激しく反目し合っている。
『シリウスの伝説』に登場する種族。水の神である王グラウコスが統べる海に住む妖精の一族。火の女神である女王テミスが統べる火の一族とは激しく反目し合っている。

登場作品

遥か昔、世界には二つの精霊である火の一族と水の一族がいた。しかし、陸を支配する火の女王テミスと海を支配する水の王グラウコスとは激しく反目し合い、その一族達は互いに接触することも無かった。 ある日、水の...