マルチナ・M・マヤコフスカヤ

マルチナ・M・マヤコフスカヤ

大砲とスタンプ(漫画)の主人公。読みは「まるちな・えむ・まやこふすかや」。別称、マーリャ。

登場作品
大砲とスタンプ(漫画)
正式名称
マルチナ・M・マヤコフスカヤ
ふりがな
まるちな・えむ・まやこふすかや
別称
マーリャ
関連商品
Amazon 楽天

概要

大公国兵站軍アゲゾコ要塞補給廠管理部第二中隊に所属する女性将校。いいかげんなことを嫌う融通の効かない堅物で、事ある毎に「責任問題」と口にする。行動力に溢れ、上司の不正にも突っ込んでいく様から、突撃タイプライターと渾名されている。士官学校を卒業後、前線のアゲゾコ市へと赴任、事務作業に従事し辣腕を振るう。

赴任当初は第二中隊のいいかげんな指示系統に呆れていたが、経験を積むにつれて柔軟な対応にも慣れていく。好物の懐中汁粉は、実家から大量に送ってもらっている。赴任当初の階級は少尉、途中で中尉へと昇進した。戦闘に関しては素人であり、銃をまともに撃つことも出来ない。

関連キーワード

大公国

『大砲とスタンプ』に登場する国家。帝国と同盟を結び、共和国と戦争をしている。

補給廠管理部第二中隊

『大砲とスタンプ』に登場する軍隊。有能な中尉によって、書類を作ること無く任務に当たっていた。中尉の後任としてやってきたマルチナ・M・マヤコフスカヤによって、書類手続きが定式化された。

登場作品

大砲とスタンプ

武器を持たない紙の兵隊として揶揄されている兵站軍の少尉マルチナ・M・マヤコフスカヤを中心とした兵士たちの活躍を描いた戦争漫画。作中に登場する兵器のほとんどが架空のもので、各エピソード中で重要な扱いとな... 関連ページ:大砲とスタンプ

SHARE
EC
Amazon
logo