マーガレット・くえーさー・カシオペア

TWIN SIGNAL(漫画)の登場人物。別称、Dr.カシオペア。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
TWIN SIGNAL(漫画)
正式名称
マーガレット・くえーさー・カシオペア
ふりがな
まーがれっとくえーさーかしおぺあ
別称
Dr.カシオペア
別称
マリー
別称
姉さん

総合スレッド

マーガレット・くえーさー・カシオペア(TWIN SIGNAL)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

年老いた女性ロボット工学者かつロボット心理学者。81歳。両親が立ち上げたシンクタンク・アトランダムを、弟のDr.クエーサーとともに継承し、大きくした。「ロボット・プログラミングの母」と呼ばれて世界中から賞賛されている。コードエモーションエララユーロパという自我プログラムもしくはロボットを製作した。

引退していたが、Dr.クエーサーの不穏な動きのため、シンクタンク・アトランダム本部に出向いている。むかし、シンクタンク・アトランダムの施設の爆発事故で夫と子を失い、事故唯一の生きのこりであったみのるを養女として引き取って育てた。

登場作品

ロボット工学の権威である祖父の家に預けられた小学5年の主人公、音井信彦は、完成間近の最新型の人間型ロボットに「自分の兄のような存在」というプログラムを入力してもらうが、事故のせいで完成したロボットのシ...