ミスターX

ミスターX

四角いジャングル(漫画)の登場人物。読みは「みすたーえっくす」。アントニオ猪木とはライバル関係。

登場作品
四角いジャングル(漫画)
正式名称
ミスターX
ふりがな
みすたーえっくす
関連商品
Amazon 楽天

概要

アントニオ猪木への挑戦権を得るために、猪木戦がほぼ決まっていたウィリー・ウィリアムスを執拗に付け狙う。ニューオリンズのスーパードームの駐車場で、Xの行動を快く思わないベニーとアーノルドのユキーデ兄弟に呼び止められて対決。アーノルドのあばらを折るなど数々の事件を起こす。

その正体はあまりの凶暴さゆえに全米プロ空手界を追放された黒人。46戦20KO26敗の戦績中、負け試合はすべて反則負けで、相手を病院送りや再起不能にしているという残酷魔。打倒猪木のためにプロ空手協会が覆面を被せて復帰させたという。猪木VSウィリーの前哨戦として、昭和54年2月6日大阪府立体育館で猪木と闘うが、前評判とはかけ離れたデクの坊で、ニセモノ説まで流れる。

実在の同名格闘家がモデル。

関連人物・キャラクター

アントニオ猪木

新日本プロレスのエースで社長。プロレスこそ最強の格闘技であると信じ、それを証明するため、異種格闘技戦を闘い続ける。マーシャル・アーツのザ・モンスターマンやザ・ランバージャック、ミスターXをことごとく退... 関連ページ:アントニオ猪木

登場作品

四角いジャングル

1976年のアメリカ。空手家・赤星潮は、東心会空手ラスベガス部長として渡米したまま行方不明になった兄・赤星壮介を探してラスベガスにやってきた。兄の道場は廃墟になっており、地元の人間の話では、マーシャル... 関連ページ:四角いジャングル

SHARE
EC
Amazon
logo