ミナ・ツェペッシュ

ミナ・ツェペッシュ

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド(漫画)の主人公。

登場作品
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド(漫画)
正式名称
ミナ・ツェペッシュ
ふりがな
みなつぇぺっしゅ
関連商品
Amazon 楽天

概要

女性。ヴァンパイア。フルネームは「ヴィルヘルミナ・ヴラド・ツェペッシュ」。幼い少女の外見を持つが、すでに何百年も生きたヴァンパイアの女王。鏑木アキラが幼い頃から気に入っており、アキラが17歳の誕生日に側近に迎える。「真祖」の血を受け継ぐ最後の女性でもある。

「顕身」すると、母親にそっくりな大人の姿になる。臣下である三支族によって先代公主であった母を殺され国を追われたが、ヴェラトゥースヴォルフガング・レーゲンドルフの尽力で力を蓄え、ついに東京湾の埋め立て地に「ヴァンパイアのための特別区」を作るまでに至った。「種」としてのヴァンパイアを守るためには、母の敵である三支族のうちの一人と婚姻しなければならないという宿命を持っている。

登場作品

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド

鏑木アキラは17歳の誕生日、7年前の誓約によりヴァンパイアの王ミナ・ツェペッシュの側に侍る事になる。アキラは代々ヴァンパイアの公主に仕える地の一族、人狼(ワーウルフ)の一員であった。そしてミナは、東京... 関連ページ:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド

SHARE
EC
Amazon
logo