ミノフスキー粒子

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)に登場する架空物質。

  • ミノフスキー粒子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)
正式名称
ミノフスキー粒子

総合スレッド

ミノフスキー粒子(機動戦士ガンダム THE ORIGIN)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

ミノスフスキー粒子はT・Yミノフスキー博士によって発見された粒子。この粒子は電磁波の伝達を疎外し、レーダーや集積回路の機能をダウンさせる働きをする。戦場でこの粒子を発生、散布させるとレーダーの使用は不可能となり、戦闘の主役は戦艦や誘導精密兵器から白兵戦を主体とする人型有人機動兵器モビルスーツに移行することとなった。

ミノフスキー粒子モビルスーツの小型核融合炉エンジンの実用化やペガサス型強襲揚陸艦の浮揚システムにも利用されている。

関連キーワード

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場する国家。地球からもっとも遠いスペースコロニー・サイド3を中心とする宇宙国家。その前身はムンゾ自治共和国でジオニズムの提唱者ジオン・ズム・ダイクンが国家...

登場作品

人類が、増えすぎた人口を地球の周りの数百基の巨大なスペースコロニーに移住させるようになり、すでに半世紀がたっていた。宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市、サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦...