ミハール・ヴァロンツォーフ

女帝エカテリーナ(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女帝エカテリーナ(漫画)
正式名称
ミハール・ヴァロンツォーフ
フリガナ
ミハールヴァロンツォーフ

総合スレッド

ミハール・ヴァロンツォーフ(女帝エカテリーナ)の総合スレッド
2016.08.23 17:40

概要

ロシア帝国第6代女帝エリザヴェータの副宰相。姪のエリザヴェータ・ヴァロンツォーフが、皇太子ピョートル・ウルリックの寵愛を受ける恩恵に与かり、エカテリーナ=アレクセーエヴナを次期皇帝に据えようと画策していた政敵ベストゥージェフを失脚させる陰謀を仕組んだ。

ベストゥージェフ失脚後は念願の宰相の座に据わり、第7代皇帝となったピョートルと共に、エカテリーナの排除を目論む。歴史上の実在の人物、ミハイル・ヴォロンツォフがモデル。

登場作品

北ドイツの地方貴族の娘ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプストは、己が支配する側の道を進むべき人間だという自負があった。凡庸な容姿を補うために、10歳から教養と知性を身につけるべく努力を重ねたゾフィ...