ミューパントー

ミューパントー

銀の三角(漫画)の登場人物。別称、ディディン。

登場作品
銀の三角(漫画)
正式名称
ミューパントー
別称
ディディン
関連商品
Amazon 楽天

概要

銀の三角人のひとり。三万年前のプロメで、彼らの種の存続を助けようとするパヴァーと共に、現地の女性と契約を行い、種を残そうとしていたところをマーリー・3と出会う。パヴァーによって様々な惑星の女性と契約を行ってきたが、子孫が作れたら、あるいはできなくても後20年経ったら、太陽から遠い闇の惑星をひとつもらえることになっている。

関連人物・キャラクター

マーリー・ザ・レイ【マーリー・3】

『銀の三角』の主人公のひとり。マーリー・1の死後、マーリー・2の再生が失敗したことから作られたクローン。マーリー・1が死亡してから約1年後に目覚めた。マーリー・1の記憶を正常に受け継ぐが、赤砂地での予... 関連ページ:マーリー・ザ・レイ【マーリー・3】

関連キーワード

銀の三角人

『銀の三角』に登場する種族。ヴェラ・ガンマの星系にある暗黒のガスに包まれた星に住んでいた種族。自分たちの住む星を「銀にけぶる三角」と名づけていた。白い髪で、縦長の金虹彩の瞳。繁殖力が弱く、数年に一度星... 関連ページ:銀の三角人

プロメ

三万年前、パヴァーとディディンが子孫を残すべく滞在していた惑星。当時の人々はパラの惑星と呼んでいた。この地にあったレリーフをグレイ・ブール博士が後に発掘し、研究の対象としている。

登場作品

銀の三角

予知能力を持つ種族銀の三角人の隔世遺伝で現れた子孫ル・パントーによって引き起こされる破滅を回避するため運命を操ろうとするラグトーリンと、変動を予知した暗殺者マーリー・ザ・レイが時空を超えて邂逅し、運命... 関連ページ:銀の三角

SHARE
EC
Amazon
logo