ミヨリ

ミヨリ

ミヨリの森(漫画)の主人公。

登場作品
ミヨリの森(漫画)
正式名称
ミヨリ
ふりがな
みより
関連商品
Amazon 楽天

概要

ネガティブなところがある多感な少女。小学六年生。母が浮気し、失踪したため、父方の実家に預けられることになる。プライドが高く、ワガママであったため、東京の学校では孤立し、虐められていた。祖父母の家がある小森村に着いた日に、家の裏にある森で精霊に出会う。実は精霊を見る力があり、幼い頃、祖父母の家に来たことがあり、その際、森の精霊たちに気に入られたという過去があった。

最初は、田舎の村と距離感のない田舎の人々を拒絶しがちであったが、彼らと触れ合ううちに、変化を遂げていき、この村と森を愛するようになっていく。ダム建設の計画があり、これが実行されると森がダムに沈むということを聞き、森を守るために村の子供たちと力を合わせて立ちあがった。

両親に対しては愛情と嫌悪が入り混じった感情を抱いており、特に自分勝手な母親に対しては、反発している。

登場作品

ミヨリの森

小学生の少女・ミヨリは、引っ越した先の田舎・小森村で多くの精霊と出会う。また、素朴で優しい田舎の人々と触れ合うことで、それまでの人を寄せ付けない態度を改め、人として成長していく。 関連ページ:ミヨリの森

SHARE
EC
Amazon
logo