ミラション

ミラション

概要

空条徐倫たちに刺客として送られたスタンド使いの女囚。手癖の悪さなどをエンリコ・プッチに認められ、ディスクによってスタンドを与えられる。発現したスタンド「マリリン・マンソン」は、賭けに負けた相手から、その価値に相当する物を強制的に取り立てる能力を持つ。

戦闘力は皆無のスタンドだが、取り立ての間は無敵となるため、通常の戦闘では倒すことができない。それによってエルメェス・コステロは金歯や肝臓までも奪われるが、真の目的は空条徐倫が隠し持つ空条承太郎の「記憶のディスク」を奪うことにある。幾重にも仕掛けたイカサマで目的の達成寸前まで至るが、最後は空条徐倫が「キャッチボールを1000球続ける」という賭けの相手に自身が指定され、硬球を1000回ぶつけられることでゲームが成立したためスタンドによる取り立てが無効となり、完敗を喫する。

関連人物・キャラクター

空条徐倫

第3部の主人公・空条承太郎の娘。母はアメリカ人。19歳。無実の罪によってグリーン・ドルフィン・ストリート刑務所に15年間投獄されることになるが、自分の身に何かあったときに触れるようにと空条承太郎から送... 関連ページ:空条徐倫

関連キーワード

グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン』の舞台となる施設。正式名称は州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所。フロリダ州マイアミのとある島全体が敷地となっている。「水族館」の... 関連ページ:グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン

舞台となるのは2011年、グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所。ボーイフレンドのロメオ・ジッソとその弁護士によって無実の罪を着せられた空条徐倫は、15年の長期刑が確定してしまう。しかし、それはすべて... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン

SHARE
EC
Amazon
logo