ミーア

ミーア

モンスター娘のいる日常(漫画)の登場人物。

登場作品
モンスター娘のいる日常(漫画)
正式名称
ミーア
ふりがな
みーあ
関連商品
Amazon 楽天

概要

下半身が大蛇の、ラミアの少女。バスト86センチ、ウエスト55センチ、ヒップ90センチ、Fカップ。全長7メートル以上。感情豊かで情熱的な性格。素直で裏表がなく、ストレートに思いを吐露する。公人の家に最初にやってきた亜人種族。大蛇の下半身を持つ自身を一切恐れず、優しく女性として接してくれた公人にすっかり惹かれ、熱烈なアプローチを繰り返している。本来は「他種族間交流法」で、人間との性的な接触は禁止されているが、愛さえあれば問題ないと、公人にいつも過激な迫りかたをしている。ただ、力の加減がうまくできず、蛇の下半身で公人に大怪我をさせることも少なくない。ラミア族には女性しかおらず、子供を作るためには外の世界から人間の男を連れてくることが必要。強制的に連れてきた男を「一族の夫」として共有する習慣がある。他種族間交流法のせいでその手段が使えなくなり、本来ミーアは夫を探すために留学してきたが、公人に出会ってからは、一対一の恋愛をしたいと考え始めていた。公人のもとに大勢集まってきた少女たちの中でも、もっとも嫉妬心が強い。また、公人もミーアの好意にはまんざらでもない様子を見せている。味覚が鈍い種族のため、料理は壊滅的に下手。蛇としての特徴を受け継いで変温動物なため、朝と気温が低い日に弱い。また、通常の蛇同様に脱皮もする。なお脱皮中の姿を見られるのを非常に恥ずかしがる。弱点は尻尾の先端。好物は卵で、特におでんの卵がお気に入り。公人のことは「だぁりん」と呼んでいる。

登場作品

モンスター娘のいる日常

舞台はラミアやハーピー、ケンタウロスなどの他種族が存在する世界。人間と他種族の交流を目的とした法案「他種族間交流法」により、様々な他種族が社会に現れるようになった。平凡な青年、来留主公人は、ある日ホス... 関連ページ:モンスター娘のいる日常

SHARE
EC
Amazon
logo