ムハンマド・サイード

ムハンマド・サイード

闇のイージス(漫画)の登場人物。別称、砂漠の虎。

登場作品
闇のイージス(漫画)
正式名称
ムハンマド・サイード
別称
砂漠の虎
関連商品
Amazon 楽天

概要

「砂漠の虎」の異名を持つ隻眼のイラク人傭兵。虎を思わせる屈強な肉体と卓越した戦闘能力を持つ。筋肉を操作することで小口径の銃弾を皮一枚で受け止め、体外にはじき飛ばすといった芸当も可能。不幸な偶然から実の息子を戦闘の中で殺した彼は、絶望の中でと出会い、背中に十字の傷・紋章を刻まれてテロリストとなった。

関連人物・キャラクター

国際指名手配をされている稀代のテロリスト。破壊工作員として超一流の腕を持つ一方、何の技術も持たない人間に戦闘や破壊の技術を仕込むトレーナーでもある。闇社会では「テロリストメイカー」の名でカリスマ的信望... 関連ページ:

登場作品

闇のイージス

闇社会にイージスの楯と呼ばれる伝説的な護り屋がいた。右腕を鋼鉄の義手と化したその男の名は楯雁人。たとえ依頼人が犯罪者であっても報酬次第で契約を交わし、あらゆる危険から守り抜く。やがて雁人は自分の妻子と... 関連ページ:闇のイージス

SHARE
EC
Amazon
logo