メタテ祭

メタテ祭

千年万年りんごの子(漫画)の風習。

登場作品
千年万年りんごの子(漫画)
正式名称
メタテ祭
関連商品
Amazon 楽天

概要

かつて長内家のある地域で12年に1度執り行われた祭儀。各家ごとに1人ずつ既婚の女性を集め、その女性たちにりんごを食べさせ、1つだけ混じっているおぼすな様のりんごを食べた女性が、その嫁となる。嫁として選ばれた女性は、その1年後のオネリの際に、おぼすな様に連れられて行くという。

この60年間、この村では、メタテ祭は途絶えていたが、伊岡雪之丞が誤って、おぼすな様のりんごを妻の朝日に食べさせてしまったため、復活する。

登場作品

千年万年りんごの子

雪深いりんごの国へと入り婿した伊岡雪之丞と嫁の朝日が、古くより伝わる祭儀の復活とともに出会いから別れまでを描いたファンタジー作品。 関連ページ:千年万年りんごの子

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
千年万年りんごの子
logo