メダロット博士

メダロット博士

メダロット(漫画)の登場人物。読みは「めだろっとはかせ」。別称、アキハバラ ツトム。

登場作品
メダロット(漫画)
正式名称
メダロット博士
ふりがな
めだろっとはかせ
別称
アキハバラ ツトム
関連商品
Amazon 楽天

概要

メダロット社の権威。本名はアキハバラツトムだが、その名で呼ぶ人はほとんどいない。メダロット社K創設者で、メダロットの実用化と普及に大きく貢献した人物。見た目は白髪の両サイド以外はハゲ頭で、いつもサングラスをかけている。孫のナエもメダロットの研究者である。基本的にはメダロットの良き理解者だが、科学者としての好奇心が勝って、アガタヒカルからメタビーを借りたときはついつい、無茶すぎる実験を重ねて、ついにはメタビーを激怒させたこともある。

その一方、「魔の十日間」事件でメタビーのカブトメダルが大破したときは「どのような形であれ、命を操作するのはどうだろう」と科学者としての倫理でヒカルを問いただしたこともあった。

その後、メタビーが復活するとロボロボ団が立てこもるセレクトビルにメダロッターたちを送り込み、メダロットを狂わせる怪電波を止めさせようとした。

関連人物・キャラクター

メダロット

『メダロット』に登場するロボット。メダロット社が販売する玩具で、ティンペットと呼ばれるフレームが、筋肉兼運動神経を担い、背中に装着するメダルが頭脳の役割を担う。これに武装を含めた外骨格のパーツを組み合... 関連ページ:メダロット

関連キーワード

ロボロボ団

『メダロット』に登場する犯罪組織。団員は全身黒タイツで頭にアンテナのようなスティックを装着している。セレクト隊の第一部隊は体調のタイヨウを筆頭に全員がロボロボ団だった。首領はヘベレケ博士だが『メダロッ... 関連ページ:ロボロボ団

登場作品

メダロット

メダルによって動くメダロットを操るアガタヒカルが、相棒のメタビーやライバルたちとともにメダロットを強化しながら戦いを繰り広げる姿を描く。主人公を変え、『メダロット2』『メダロット3』『メダロット4』『... 関連ページ:メダロット

SHARE
EC
Amazon
logo