メナンドロス

メナンドロス

ヒストリエ(漫画)の登場人物。

登場作品
ヒストリエ(漫画)
正式名称
メナンドロス
関連商品
Amazon 楽天

概要

商人アンティゴノスに随伴する剣の腕が立つ従者。その正体はマケドニアの貴族である。エウメネスマケドニアに仕官した際には、フィリッポスの勅命でエウメネスに馬術を教えた。同時代の実在人物メナンドロスがモデルとなっている。

関連人物・キャラクター

フィリッポス

マケドニア王。商人アンティゴノスを名乗りカルディアに潜入していた時に出会ったエウメネスを気に入り、自分の下で働くように誘う。隻眼。同時代の実在人物フィリッポス2世がモデルとなっている。偽名として使って... 関連ページ:フィリッポス

エウメネス

カルディアの有力者ヒエロニュモス(先代)の次男として何不自由のない環境で育つ。古今の書物を読み漁り、神話や冒険譚から実録まで豊かな教養と知識を身につけた。トラクスが起こした事件によってヒエロニュモス(... 関連ページ:エウメネス

関連キーワード

マケドニア

紀元前7世紀頃、ギリシア人によって建国された国家。古代ギリシアの都市国家群と異なり、王制を敷いていた。 関連ページ:マケドニア

登場作品

ヒストリエ

紀元前343年、ギリシア北東トラキアの都市カルディアはマケドニア軍に包囲されていた。数年ぶりにこの故郷に戻ってきたエウメネスは、同じくカルディア市内に入ろうとする、隻眼の商人アンティゴノスと出会う。こ... 関連ページ:ヒストリエ

SHARE
EC
Amazon
logo