概要

パッショーネの暗殺チームに所属するスタンド使い。作中の女性に「変態のクソ野郎」と呼ばれるほど、極めてユニークな性格。「ディ・モールト(非常に、すごく)」が口癖。生物を含むあらゆる物をバラバラにして再構成する能力のスタンド「ベイビィ・フェイス」を使い、ジョルノ・ジョバーナたちと交戦した。

ベイビィ・フェイスは非常に特殊なスタンドで、ターゲットにする者の血液を解析し、人間の女性を介在させることで「受胎」させ、生まれた「子供」が任務を遂行する。その「子供」は実体化しており、独立した人格を持つためにメローネ本体から遠く離れてもパワーを失わない。さらに、血液さえあれば再び「子供」を作ることが可能で、ジョルノ・ジョバーナに「子供」が敗北したあとも次の手を打とうとしたが、その「子供」の一部からゴールド・エクスペリエンスが生み出した毒蛇がメローネの元に戻ってしまい、舌に咬みつかれて絶命した。

関連人物・キャラクター

ジョルノ・ジョバァーナ

父親はジョースター家の宿敵であるDIO。しかし、この時のDIOは首から下がジョナサン・ジョースターの肉体を乗っ取ったものであるため、結果としてジョースター家の遺伝子を受け継いでいる。母親は名称不明の日... 関連ページ:ジョルノ・ジョバァーナ

関連キーワード

パッショーネ

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風』の舞台となる組織。イタリア語で「情熱」の意味を持ついわゆるギャング団だが、構成員に多くのスタンド使いを擁することが特徴。その要因は、ポルポが行う「入団試... 関連ページ:パッショーネ

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第5部となる作品。2001年のイタリアを舞台に、ギャング組織パッショーネに加入したジョルノ・ジョバーナが、彼の目標とする「ギャング・スター」へと上り詰める姿と、組織か... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風

SHARE
EC
Amazon
logo