モコナ=ソエル=モドキ

モコナ=ソエル=モドキ

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編(漫画)の登場人物。別称、モコナ。

登場作品
ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編(漫画)
正式名称
モコナ=ソエル=モドキ
ふりがな
もこなそえるもどき
別称
モコナ
関連商品
Amazon 楽天

概要

前作である『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』で、小狼たちが時空を渡る手段として次元の魔女・壱原侑子から譲り受けた白いモコナ=モドキ。作中では単に「モコナ」と呼ばれる。大きさは掌に乗る程度で、ウサギに似た長い耳を持ち、額には赤い石が埋まっている。

普段は糸のような細目だが、危機を察したり、物を転送する際は「めきょっ」という擬音と共に見開かれる。明るく無邪気な性格の女の子で、一行を和ますムードメーカー。『×××HOLiC・戻』に登場する黒いモコナ=モドキ・モコナ=ラーグ=モドキと対の存在で、異世界においても音声と映像の通信や物のやり取りが可能。

共に『魔法騎士レイアース』に登場するモコナを模して壱原侑子とクロウ・リードによって創られた。異世界を渡る他、小狼たちが異世界の言葉を理解できるようにする翻訳能力など、様々な力を持つ。

登場作品

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編

サクラの記憶の羽根を探す旅を終え、また新たな旅を始めた小狼たちは、黒鋼の義手が届くまでの間、姫神によって守られた島・ニライカナイに滞在することになった。一方、異世界にいる四月一日君尋は、夢見の力によっ... 関連ページ:ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編

SHARE
EC
Amazon
logo