ヤタラ

ヤタラ

ブッダ(漫画)の登場人物。

登場作品
ブッダ(漫画)
正式名称
ヤタラ
関連商品
Amazon 楽天

概要

父が研究した薬を飲んで、巨大な体となる スードラ。身分による差別を憎み、自分と同じスードラの血をうけたルリ王子の家来となるが、ルリ王子が自分の母親を奴隷として扱い、さらには伝染病の奴隷たちとともに焼き殺そうとしたことに憤慨する。シッタルダに、「不幸なのは自分だけではない、すべてのことには意味があり役目がある」と諭され、流れる川のように自然に生きよと教えられる。

領土をかけて、マガタ王国の剣士となったタッタと戦い、ダイバダッダの陰謀で毒矢に倒れるが、その後マガタ王国の人となる。

登場作品

ブッダ

紀元前6世紀、ネパールの小族シャカ族の王子として生まれたシッタルダは、世界の王になると予言されながら、ひ弱で寝てばかりいる少年であった。死とは何かという疑問を抱き、飢えや戦いで死んでいく人たちを救うに... 関連ページ:ブッダ

SHARE
EC
Amazon
logo