ヤマキ自工

俺たちのフィールド(漫画)に登場するサッカーチーム。読みは「やまきじこう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
俺たちのフィールド(漫画)
正式名称
ヤマキ自工
ふりがな
やまきじこう

総合スレッド

ヤマキ自工(俺たちのフィールド)の総合スレッド
2016.08.23 17:40

概要

かつて高杉和也の父親高杉貫一が在籍していたが、高杉貫一の死後、年々弱体化。Jリーグ発足時に、Jリーグ入りを果たせず、下部のJ1リーグでも7位と低迷。親会社も半ばJリーグ昇格を諦めている状態だった。しかし高校選手権で優勝した本条高校から騎場拓馬が入団。

さらにアルゼンチンから帰国した高杉和也が入団したことで息を吹き返す。従来から在籍していたキャプテンの石川、間、桜場、土黒らの活躍、さらに遅れて加入した磯野拓郎の活躍もあってナビスコ杯で勝利を重ねる。親会社ヤマキ自工社長の八巻光蔵は経費削減方針でJリーグ入りには消極的だったが、チームの快進撃とイレブンの熱意を目の当たりにして翻意。

Jリーグ入りを正式に目指すこととなる。ナビスコ杯決勝に進出したさいにチーム名を「バンディッツ東京」に改称。ナビスコ杯で優勝した力が認められJリーグ入りを果たす。Jリーグ昇格後は1年目前期6位、後期4位と健闘。2年目は、新外国人レジャストロニーク・ユーリの加入で戦力を底上げし、Jリーグ優勝を果たす。

登場作品

有名サッカー選手である高杉貫一を父に持つ少年高杉和也は、サッカーを心から愛する少年だったが、父親を事故で失ってからサッカーをやめていた。しかし高校で再びサッカー部に入り、幼なじみでライバルでもある騎場...