ヤン・ジシュカ

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(漫画)
正式名称
ヤン・ジシュカ
ふりがな
やんじしゅか

総合スレッド

ヤン・ジシュカ(乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

フス派の天才戦術家。左目を眼帯で覆っている。少人数の素人集団で、騎士の軍勢を倒していく戦術を組み立てることから、「騎士殺しのジシュカ」と呼ばれている。自らの戦いのためなら残忍な行為を顧みない性格だが、あくまでも軍のためを考え行動する冷静な知将。銃器のなかった時代に、ピストルの原型になる「ピーシュチャラ」を、女子供でも戦場で戦える軽い武器として開発、大量生産することで戦局をひっくり返していく。

家族を亡くし、強姦されて行くあてなくさまよっていたシャールカを拾い、「ピーシュチャラを操る少女」の代表として育て上げる。シャールカには信頼されているが、彼女の義に背く行動を取った時は激しく非難されることもある。

モデルは同時代の実在人物ヤン・ジシュカ。

登場作品

1420年のボヘミアでは、本来の目的を失った十字軍が殺戮を繰り返していた。少女シャールカが暮らす村も皆殺しにされ、強姦されつくしていた。一人生き残ったシャールカは戦略家のヤン・ジシュカに拾われ、女子供...