ヤン・ラファティ

青い鳥(漫画)の主人公。

  • ヤン・ラファティ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
青い鳥(漫画)
正式名称
ヤン・ラファティ
ふりがな
やんらふぁてぃ

総合スレッド

ヤン・ラファティ(青い鳥)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

『青い鳥』に登場するキャラクター。舞台映えするバレエダンサー。パリ・マリ・バレエ所属。17歳の時に『青い鳥』を踊ってデビュー。パリ育ちだが、12歳の時に父が死亡、母は香港に帰国、おじの援助の下、パリでバレエを続けていた。12月公演の『クルミ割り人形』で中国の踊りを見せ、スキピオ・バレエからのオファーを受け移籍。

その後、合併でかつての同僚アシュアと再会。スキピオの発案で、『夜啼鳥』の夜啼鳥役に抜擢される。厳しいレッスンや、スキピオの愛人になっていたことがその妻にばれて発生した修羅場を乗り越え、皇帝役のアシュア、黄金の機械じかけの鳥役のチャーミアンと共に舞台に立った。その後、彼に目を付けたニューヨークの一流演出家グローリアからのオファーを受け、移籍することに。

一家が離散し、最後に見たバレエでアシュアの『青い鳥』を見て、彼に惚れ込み、バレエの道を続けることにした。

登場作品

アシュアは自分の十八番である『青い鳥』を踊ったヤンに、恋人であるチャーミアンも奪われ嫉妬していた。葛藤しながらも稽古に専念するが、主役級を予定していた公演の2週間前に怪我、オーナーのカントクの死とバレ...