ユリアナ

ピグマリオ(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ピグマリオ(漫画)
正式名称
ユリアナ

総合スレッド

ユリアナ(ピグマリオ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

大地の女神。地の底の城で、自らの力で全身を大地で縛めている。ガラティアとは精霊時代からの友人で、オリエも気に入っている。クルト大地の剣を授け、金色の鷹で行くべき道を指し示した。正にも邪にも与しない存在で、アガナードエルゾの激突に際して、無関係な地上のものを守るために縛めを解いて立ち上がった。

登場人物・キャラクター

クルトの母で元精霊。ルーン国のステファン王と恋に落ち、父である善神アガナードに黄泉に堕されたが、ステファン自らが赴き救い出して赦され人間となった。実はピグマリオの誕生を待っていた母なる人が、悪神エルゾ...
ルーン国の王子で、人並はずれた怪力を持つ。まれに、額に光が現れることがある。生まれ持った優しさと正義感で誰とでも分け隔てなく接する。8歳の誕生日を前に、石像と化した母、ガラティアを発見。さらに持ち前の...

関連キーワード

大地の女神ユリアナの剣。火の神ペレの作。ユリアナの巨体に見合った大きさで、優に数十メートルはあるため、普通に扱える人間は存在しない。ガラティアの子ということでクルトに譲られた。いつもは小さく、軽くなっ...

登場作品

まだ神々が人々の目に見えて導いていた時代。ルーン国の王子クルトは、母親の顔を知らず育ったが、それはかつてこの国をメデューサが襲いクルトの母が石に変えられてしまったためであった。この真実を知ったクルトは...