ユリア

ユリア

北斗の拳(漫画)の登場人物。

登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
ユリア
ふりがな
ゆりあ
関連商品
Amazon 楽天

概要

成人女性。ケンシロウの恋人。気高く慈悲深い女性で、ラオウトキシンといった多数の拳法家から思いを寄せられていた。核戦争後、ケンシロウと共に旅立とうとするところをシンにさらわれる。シンからは贅沢な暮らしを与えられたが、それが人々を苦しめてのものであることを知っており、決して心を許すことはなかった。

実は南斗聖拳の諸流派を束ねる南斗最後の将であり、慈母星の宿星の持ち主。世紀末の世が終わることを願う。

関連人物・キャラクター

ケンシロウ

青年男性。北斗神拳を使う拳法家。一子相伝の暗殺拳・北斗神拳の伝承者で、、余人を寄せ付けない優れた戦闘力を備える。筋骨隆々の逞しい肉体を持ち、胸には北斗七星の形に並んだ七つの傷がある。北斗神拳の伝承者候... 関連ページ:ケンシロウ

関連キーワード

南斗聖拳

『北斗の拳』に登場する拳法。北斗神拳が秘孔を突いて身体を内部から破壊するのに対し、南斗聖拳は身体の外部から攻撃を加えて破壊するという対照的な原理を持つ。北斗神拳は一子相伝の暗殺拳だが、南斗聖拳は多数の流派が存在しており、こちらもまた対照的である。

登場作品

北斗の拳

核戦争の後、暴力が全てを支配する無秩序状態になった世界。北斗神拳の伝承者であるケンシロウは、そんな世紀末世界を恐怖と力で支配しようとする義兄・ラオウに立ち向かう。原作は武論尊。 関連ページ:北斗の拳

SHARE
EC
Amazon
logo