ユリーシャ・イスカンダル

宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)の登場人物。別称、ユリーシャ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)
正式名称
ユリーシャ・イスカンダル
ふりがな
ゆりーしゃいすかんだる
別称
ユリーシャ

総合スレッド

ユリーシャ・イスカンダル(宇宙戦艦ヤマト2199)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

イスカンダルの女王スターシャ・イスカンダルの末の妹。19歳相当。姉の命で地球へメッセージと次元波動エンジンの設計図を携えてやってきた。地球で彼女の世話をしていた森雪によく似た風貌の持ち主。宇宙戦艦ヤマトが完成する1年前に、事故もしくはテロによって雪ともども重傷を負う。

その後、意識を取り戻さないユリーシャは肉体ごと自動航法装置に組み込まれてしまう。ヤマトが地球を発ってから、彼女の意識は船内のあちこちをさまよい、一部では幽霊かと騒がれていた。その後、霊感の強い岬百合亜に憑依して、艦のクルーと会話できるようになる。その口調はお姫さまめいていて、振る舞いもどこか浮き世離れしたところがある。

登場作品

西暦2199年、8年前に接触したガミラス人との宇宙戦争に敗れた地球人は、遊星爆弾が地表に降り注ぐ中、地下都市で滅亡の危機に瀕していた。そんな地球に救いの手をさしのべたのが、16万8千光年彼方にある大マ...